読んで良かった(感想)

櫻井秀勲の「結婚こんな男性を選びなさい」を男だが読んだ感想

結婚

櫻井秀勲の「結婚こんな男性を選びなさい」を男だが読んだ感想を書きます。

男だけど結婚ってなんだろうっていつも考えます。

何かヒントがあるかなと思い読んでみました。

結論からいうと私の求めていた答えは

「結婚こんな男性を選びなさい」からは読み取れませんでした。

単純に女性のことについて知れたので面白く読めました。

この本のターゲットはもちろん女性です。

結婚に意識を持っている女性にむけて書かれています。

男が読む本ではなさそうでしたがレビュー・感想を書きます。

櫻井秀勲の「結婚こんな男性を選びなさい」を男だが読んだ感想

一言で感想を言うと

結婚って選ぶ段階がすごい難しいんだなぁって思いました。

いぺぺ
いぺぺ
男の上に結婚願望がないのでかなり他人事です

結婚は計算が必要

結婚に関する本なので

恋愛とは違います。

恋愛を経て結婚する時代ですが

結婚の際に「選ぶ」っていうのは大事なことと単純に思いました。

その大事なことが「計算」です。

男の人を選ぶにはしっかりと考えて計算した相手を選ばないと後でえらい目に合うんだろう。

だからこういう本が作られたのだと思います。

確かに女性にとってはまだまだ自立した生活は生涯で見ると厳しいそうです。

男性を見る目はしっかりと「計算」したほうがよさそうです。

著者の方と同意見です。

結婚に関して男女の心理が分かる本。

女性に向けての本ですが

著者の櫻井秀勲さんは男性です。

女性の書籍の編集長を長らくされていたので女性心理も男性心理も網羅しているんではないでしょうか?

そんなすごい経験値をお持ちの著者が書いているので

男女の心理がすごく分かる一冊になってます。

そういう目線で読むと楽しい書物です。

個人的な感想としては女性は

賢く・したたかでいないと「失敗婚」してしまうイメージを抱きました。

男性を選ぶので結婚から遠ざけそうな本

書いている内容はすごく筋が通ってます。

また女性の感情も煽らないようにまっすぐ良い項目も多いです。

けどすべてを信じると

「そんな男性そんなにおらへんやろ!」

って思う内容がしばしばあります。

なのでちょっとした教科書というイメージでとらえないと結婚が遠ざかるような気がします。

けどズレたことは書かれていないので

文字として読んですごく共感する部分だけ取り入れれば最高の教書になるでしょう。

 

笑う女を信用するな。そして泣く男も信用するな。

この文章が一番心に残りました。

笑う女を信用するな。そして泣く男も信用するな。

結構おもしろいです。

女性に対しても男性に対しても辛辣な言葉です。

どうやらロシアのことわざらしいです。

結婚ってなんだろうって思って買った本だが分からん

結婚ってなんだろうってよく考えます。

子どもが持てると言われてもシングルの人もたくさんいるし

さみしさがなくなるけど煩わしさは出てくるし。

なんでみんな結婚するんだろうって思ってます。

その答えを知りたくて読みましたが

この疑問には答えはなかったです。

しかし

男女の心理や

女性の結婚の選択の良き条件など知れたので

どや顔で女友達に話してみようと思います。