読んで良かった(感想)

「寝る前30分」を変えなさいを。【習慣と睡眠】に詳しくなる本。

寝る前

【「寝る前30分」を変えなさい】はタイトルを見て勢いで買いました。

内容的には寝る前の行動のことをかいてくれていると思いましたが

主に「習慣と睡眠」の内容でした。

個人的な感想としては

習慣の話が勉強になりました。

睡眠に関しては以前より本で知識を得てましたので知っていた内容ばかりでした。

とは言え気になった点をメモしているので書評と感想を書いていきます。

「寝る前30分」を変えなさいを。【習慣と睡眠】に詳しくなる本。

寝る前

「睡眠と習慣」について詳しく書いているので

お勉強になります。

何かを習慣化したいなら書いている方法を参考にしましょう。

最小の努力で最大の成果を上げる

いわゆる効率化を図ってます。

効率化求めるなら

寝ろ!

ってことを書いてます。

実に正しい答えです。

寝るのは習慣化以外にも大きなメリットがたっくさんあります。

考える時間を減らすのが効率化

一回一回決め事をするのではなく

ルーティン化するとのことです。

意思決定をせずに習慣化しましょうとのことです。

確かに意思決定って意外とエネルギーを消耗している。

そのエネルギーを節約もできる。

時間も捻出できる。

納得の行く説明でした。

勉強したらすぐに寝ましょう

寝る前の行動の記憶は

脳に定着しやすいようです。

すなわち寝る前のインプット行動は大事ということです。

そしてインプットしたら寝ましょう

そしたら脳に記憶が定着するようです。

インプットしたいことを寝る前に行動するのが良きポイントです。

目標は見える化する

人間は忘れる生き物です。

なのでせっかく意識したことも

行動をしないと習慣まで落とし込めません

その為に習慣化したいことで

意識したことは

見える化しましょうとのことです。

具体的には紙に目標を書いて目に映るところに貼りましょう。

意識を刷り込み

行動を重ね

習慣として

人格を形成する

この流れがポイントです。

やる気はやってみることで生まれる

やる気の出ないときってあります。

けど、やらなければいけない。

そういう時は

まず、やってみる

そしたら興奮状態になり

やる気が生まれるようです。

確かに何事も初動が一番エネルギーがいります。

案外動き出すと続けれるものです。

私もダイエット目的でジョギングをしてますが

初動が一番しんどいです。

ランニング
【20分走】継続で体が変化した日記。ダイエットの王道はランニングダイエットの王道はジョギングでしょう。 とは言えガチガチに走ると「時間も取られる」し「しんどい」です。 そして、何より続かな...

まとめ

「習慣と睡眠」に関する本ですが

睡眠についても早寝早起きはあるとしても

習慣化されないとあんまり意味はないです。

なので習慣の本として捉えたほうがいいです。

確かに著者の高島徹治先生は習慣を大切にされているようなニュアンスを受け取れるところがたくさんありました。

言葉使いも優しく読みやすいので

習慣の本としては初心者向けかと思います。