読んで良かった(感想)

「土方歳三と新選組」ってマンガの本読みやすいくて分かりやすい

土方歳三

司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」を読んで

土方歳三さんのファンになっております。

鬼の副長カッコよすぎない?

司馬遼太郎さんの「燃えよ剣」は読みごたえがあるので

「土方歳三と新選組」の本をオススメする。

集英社出版

幕末の京都を守った若者たち「土方歳三と新選組」

あっさりしていて話は「燃えよ剣」よりはしょられているけど

おおむね分かる内容です。

それにしてもマンガ化したことにより全員イケメンなのが妙にツボ

「土方歳三と新選組」ってマンガの本読みやすいくて分かりやすい

土方歳三

 

まず土方歳三は新鮮組である

なお、ポジションは副長

規律に厳しいので反したら仲間内にでも容赦なしである。

切腹です。

なので「鬼の副長」なんて呼ばれてます。

マンガになっていることで非常に読みやすくわかりやすいです。

ポイントを覚えるだけでも歴史に詳しくなれるのはこの本の良いところです。

登場人物の紹介

新選組を語るに当たって登場人の紹介は外せない。

中でも外せない人物を紹介していきます。

なお、この本の内容を引用しております。

近藤勇(新選組トップ)

読み方は「こんどういさみ」

土方歳三の入門した道場の主です。

頭もきれて剣術も相当な使い手です。

近藤勇さんならあなたも聞いたことがあるでしょう?

沖田総司(剣術ピカイチ病弱体質)

読み方は「おきたそうじ」

選りすぐりの新選組のなかでも剣術の腕前は一二を争うくらいです。

けど病弱体質で「燃えよ剣」ではかわいそうでした。

個人的主観で申し訳ないがホモ設定が似合いそうな感じです。

きっとボーイズラブ業界ではそんな風になっている。

斎藤一(るろうに剣心)

読み方は「さいとうはじめ」

るろうに剣心で出てきているので名前は知ってた。

そっちのイメージが大きい過ぎる

剣術はもちろん鬼つよい

永倉新八(ゴールデンカムイ)

読み方は「ながくらしんぱち」

変な名前ですね。

途中で新選組から離れます。

永倉新八さんはヤングジャンプの「ゴールデンカムイ」に出てます。

もちろん土方歳三さんともに出ていてカッコいいです。

(下のゴールデンカムイのおじさんが土方歳三さんです。カッコいい)

ほかの山南さんや井上さんは割愛

ほかにもキャラクターは多いですが割愛。

私は土方歳三さんが好きなんだ

もっと詳しく知りたい人は「燃えよ剣」を読んでください。

信念を貫き通すところが土方歳三さんの魅力

土方歳三さんは剣術・戦術も見事ですが

なにが惹かれるかというと「信念」突き通すところです。

最初から最後まで自分の心を変えずに死んでいきました。

「局中法度」という新選組の中でできたルールも自分を曲げまいと背水の陣にして

作った心の現れだと感じます。

カッコいい。

ナポレオンと似ている

行った規模こそ違うけど

ナポレオンも信念を貫き通すという面ではやはり

土方歳三さんと似ている部分があると思います。

同じ戦場に自分も趣き

仲間への士気をあげるのもカッコいい

読書感想

「燃えよ剣」をよんでいたので

土方歳三さん含め色んなキャラクターは知ってましたが

マンガでデフォルトされると更に面白く読めました。

マンガなのでさらさら読み進めることができるのがポイントですね。

「燃えよ剣」と合わせて読んでほしいですね。