やってよかった

クロスバイク通勤が楽しい気持ちいい清々しい【ストレス解消と運動になる】

赤くてめっちゃカッコイイ、クロスバイクに乗ってます。

メーカー:センチュリオン

車名:クロスライン50

価格:7万円

高価なスポーツ自転車です。

この赤のクロスラインちゃんで通勤をしてます。

クロスバイクでの通勤は楽しいです。

クロスバイクがスイスイと軽い力でどんどん進むので楽しいです。

ママチャリのシティサイクルよりと違いスポーツバイクにあたるので性能の差ってやつです。

片道は8kmくらいです。

時間は40分を切るくらいです。

大阪府の堺市が勤務地になるのですが交通量はまぁまぁそこそこですが約40分

ストップ&ゴーもあれば坂道もある。

ぜぇぜぇと息を切らす場所もありますが楽しく通勤してます。

もともと運動は好きです。さらに単車(バイク)など乗り物系も好き。

だから性格にもあっていると思います。

  • 痩せよう!
  • 運動しよう!

っていう意味合いで始めたのではないです。

クロスバイクは7年前くらいから持ってました。

でも、あんまり使う機会がなかったのですが「宝の持ち腐れ」になっていたので使おうと思って通勤の手段にしただけです。

クロスバイク通勤は楽しい

クロスバイクを乗るのが好きな人ならクロスバイクでの通勤は楽しく感じますよ。

  • 自転車が楽しい
  • 色んな店や建物や風景を楽しめる
  • 車・バイクと違いリラックスできる
  • 人々を見れる
  • 単純に汗をかくのが気持ちいい
  • 知らぬ間にストレス発散になっている

それぞれ軽く説明します。

自転車が楽しい

自転車って楽しくないですか?

単なる移動手段って感じる人はムリかなと思います。

しかし、

自転車に乗るのが好きな人やサイクリングが楽しいって感じる人はクロスバイク通勤は向いています。

いぺぺ
いぺぺ
だってボクがそうだもん

色んな店や建物や風景を楽しめる

バイク通勤もバイク好きなら楽しいですよ

でも、バイク通勤はかなり自分の世界に入っちゃいます。

あとぶっちゃけ、いかに捕まらないように走るかに集中してますヽ(^o^)丿

だから、運転は楽しいのですが風景とか店とか見て走ってません。

でも、クロスバイクは違います。

  1. のんびり走ってもOK
  2. 少しビュンって走ってもOK
  3. 一通とか侵入禁止もまぁOKでしょう

クロスバイクはなんとなく自由度が高い

だからこそ色んなものを見ながら走れるので楽しいってのがメリット

あとは「匂い」です。

コロッケ屋さんとかケンタッキーの店前はいい匂いがします。

そういうのってバイクでは難しい。

自動車系と違っていいところはそこまでスピードが出ないので

また感じ方がちょっと違うところです。

車・バイクと違いリラックスできる

自動車系は免許がある。

道路交通法を守れよ!ってことですね。

だから自動車系は緊張感があります。

多少、運転に慣れたとしてもやっぱり精神エネルギーを使うのです。

でも、自転車は大丈夫。

厳密には自転車ルールを守らないといけない

自動車系よりちょっとぶっちゃけゆるいです。

だからこそ!リラックスできます。

人々を見れる

  • 歩いている人
  • 自転車のっている人
  • 時間帯で人種が変わる
  • 毎日見る人

などなどクロスバイク通勤をしているとジロジロと人間観察ができます。

これが個人的にたのしい。

みみごころ
みみごころ
散歩している犬とか見るのも好きです

単純に汗をかくのが気持ちいい

クロスバイクはやっぱり運動量があります。

いい運動です。

めっちゃくちゃ汗をかくほど漕いでません。

でも、それなりに汗をかきます

体もポカポカします。

最初のうちはお尻も痛いし手首とかも痛くなりがち。

慣れても痛いときは痛いです。

そういう諸問題もありますが「運動になる」ってのは間違いないです。

知らぬ間にストレス発散になっている

クロスバイクは運動だからかな?

ストレスが発散されます。

【ストレス発散=大きなメリット】と個人的には捉えてます。

クロスバイク通勤して不安と感じること【パンクと事故】

クロスバイク通勤で不安をぬぐえないことがあります。

  • パンク
  • 事故

パンク

自転車だからパンクをするのは分かっているんです。

クロスバイクはママチャリと違ってタイヤが細いのです

タイヤが細いと言うことはパンクがしやすいってことです。

道ってガタガタなんです。

歩道に乗り上げる時とかも「ガンッ!!」ってなります

まぁ他にも釘でパンクとかもある。

で、パンクしたら詰みです。

パンクをなおすことはできます

でもパンクをなおすアイテムなんて持ち歩きません。

そういう便利アイテムでコンパクトなものがあるのも知ってますがそんなもん毎回持ってられるか!ってのが本音

だからパンク怖いです。

言ってしまえば自動車系も同じなんですけどね。

事故

 

事故はこわい

  • 人身事故
  • 単独事故
  • 物損事故

色んな事故があります。

でも、ボクがいう事故は「転倒」

クロスバイクでの転倒はかなり起きやすい。

というよりかは何回もコワイ思いをしている。

  • タイヤが細いので溝にはまる
  • 濡れているマンホールでスリップ
  • 足つきが悪いのでバランスを崩す
  • 片手運転でグラグラ
  • スピード出し過ぎてあぶない思い

こんな感じです。

ぶっちゃけ速度が出ていない事故なら大したことはないんです。

でも、スピードが出ている時の事故がコワイ。

大けがにつながるからだ。

「気をるける」って以外、

防ぐ方法はない。

だから気をつけます。

クロスバイク通勤で不快な思いをするリュックサック

クロスバイクの最初の状態はスタンドすらない状態。

だから、色々と装備品を増やしていかないといけないです。

サイドスタンドは取り付けたので壁にもたれさすスタイルはしなくてよくなってます。

次に積載性。

皆無である。ノー装備だとリュックサックや肩さげのカバンが必要。

私はリュックサック派です。

でも、クロスバイクのリュックサックが思い切って不快!

理由:背中に汗をかく

クロスバイクは自然と全身運動になっており体がポカポカする行動。

そこにリュックサックをするとどうしても汗をかく

(あと、肩こりもなるかも)

ある程度の汗なら許せるんです。

でも、風が通り抜けなくなるのでとっても不快です。

だから、対策がいります。

私は、リアキャリアを付けようと思う。

荷物を少なくしてカバンを小さくしてリアキャリアに括り付ける作戦。

また、購入したら別の記事のリンクを案内します。

クロスバイクにはサイクルコンピューターがあるとより楽しい

サイクルコンピューターって知ってますか?

  • 速度
  • 時計
  • 走った距離
  • 使ったカロリー

などなどものによってはこれ以上にできるものありますが

こんな感じで数字化して見えるものがサイクルコンピューターです。

サイクルコンピューターで一番おもしろいのは「速度」

自分が走っている「時速」がわかる

マイペースで走っていても速度が分かるし

ママチャリに抜かされる速度もわかる。

トップスピードの速度も分かります。

なんせ速度が目に見えるととっても楽しいです。

いぺぺ
いぺぺ
テンションが上がるー!!

あとはカロリー消費を確認できるのも気に入ってます。

カロリーの消費の計算ってぶっちゃけ分からなくないですか?

でもサイクルコンピューターなら勝手に計算してくれます。

まぁどこまでが正確な数値化は分かりませんが、

それでもザックリと消費カロリーが分かるのはとても助かります。

私も勤め先に約8kmの道のりをクロスバイクで漕いでいきますが約75カロリーってでるので実はうれしい。

タノシンスはかせ
タノシンスはかせ
往復で150カロリー

サイクルコンピューターはつけておくのがおすすめです。

ただ、見すぎて事故には注意

特にトップスピードを確認するときは要注意

クロスバイク=運動だからストレス発散になっているのはラッキー

クロスバイクの運転が楽しい

そしてクロスバイクは運動である。

運動はストレス発散になるようです。

すなわち、クロスバイク通勤をするだけで気分晴れてとってもラッキーです。

もちろん気を付けないといけないことはたくさんありますが

それでも得られるメリットは多いし大きい

満員電車の通勤とかもしたことがあります。

※大阪の御堂筋線

もう行くのも帰るのもイヤです。

そして行くことも帰ることも考えるのもイヤです。

イヤイヤな通勤よりできるだけ楽しい気持ちで通勤したいじゃない?

お仕事は嫌でも少しでも楽しいことがある方がいいじゃない?

クロスバイク通勤万歳\(^o^)/