やってよかった

サイズ選びで失敗すると残念です【結論:採寸・試着で問題を防ごう】

サイズ

この世にはあらゆるものが存在します。

【服飾系】

  • クツ
  • カバン

【乗り物系】

  • バイク
  • 自転車
  • ヘルメット
  • プロテクター

【部屋系】

  • 部屋のサイズ
  • カーペット
  • カーテン

などなどサイズに関わるものは無限にあります。

そしてその物に対してサイズ選びを失敗すると残念な結果になります。

  • 服飾系→ダサイ
  • 乗り物系→危ない
  • 部屋系→心地悪い

今回はサイズの選び方というよりも捉え方を考えます。

ちなみに

サイズ選びの問題解決方法は「採寸・試着を必ずすること」です。

ネットショッピングする際は試着できるものを選びましょう

ネットショッピングはものすごく便利ですが服飾系であれば諸刃の剣です。

特に「服・クツ」に関してはリスキーです。

・S/M/Lなどの表記だけは正直「目安」です。

・胸囲○○などでも実際はズレがあって残念な結果に落ちいることでしょう。

・クツなんてメーカーによっても「履き心地が違う」ので○○㎝なんてあてにならないですよ。

なので対策としては「試着できる」ところで購入することです。

もしくは店舗に行って「試着してからこっそりネットで買う」が賢いですね。

大は小を兼ねるけど良くない件

大は小を兼ねるというコトワザがありますが

ことサイズ選びでは当てはまりません。

きっちり考えて間違いなのないサイズ選びをしましょう。

それにはやはり「採寸・試着」を行うのが間違いのない行為です。

採寸のやり方

サイズ

採寸のやり方は非常に簡単です。

用意するもの

  • メモ
  • ペン
  • メジャー

たとえばカーペットが欲しいなら部屋のどの場所に敷きたいか想像しますよね?

その場所を「測ってメモを取る」だけです。

採寸を怠ると思ったより小さい・大きいなどになりますので必ず行いましょう。

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫

なども手を広げて「大体これくらい」なんて選び方をする人がミスをするものです。

どんなものでも簡単で構いませんので「メモを取る」ってのが確実ですよ。

ちなみにメジャーは100均一で売っているものでOK

試着の方法

サイズ

試着の方法は自分の体を使うほかないですね。

ゆえに人にプレゼントするのは基本NGと思った方がいいです。

帽子でさえ頭の大小で決まります。

マフラーとかブランケットなどサイズが関係なさそうなものならOKです。

ネックレスやブレスレットも微妙です。

試着のやり方は言わずもがな

「しっくりくるものが見つかるまで」がやり方です。

サイズ選びのやり直しが可能なの…ならいいけど

サイズ

サイズが合わなかったら交換できるサービスも多いですよね。

「良かった良かった」って素直になりますか?

ハッキリ言ってめちゃくちゃ手間じゃないですか?

コスパ良く生きたい効率重視な私からしたらストレスです。

  • 試着
  • なんか違う
  • 送りなおす
  • 届く
  • 試着
  • なんか違う
  • 送りなおす
  • 届く
  • OK
いぺぺ
いぺぺ

考えただけでもイラっとしました。

無駄な時間です。

最初から「しっかり採寸・試着」しましょう。

オシャレはサイズが命です。

サイズ

オシャレ好きな人は必見ですよ。

服がどんなにステキなものでもサイズが合っていないと台無しですよ。

オシャレはぶっちゃけ

  1. 体型
  2. サイズ
  3. 服飾系

で決まります。

サイズが違うと性能が発揮しないものもあるので注意

サイズ
  • プロテクター
  • ヘルメット
  • 安全靴

など身を守る系のタイプはまじでサイズ選びは気を付けましょう。

性能がちゃんと発揮されません。

万が一のときに性能が半減するとかならあんまり意味がすくないかと思います。