やってよかった

筋トレより水泳をおすすめするたった1つの理由【体力パワーアップ】

体力

2019年8月1日より水泳をしてはや1ヶ月が経過しました。

【悲報】

痩せません。

ムキムキにもなりません。

しかし

体力がものすごくパワーアップしました。

予想外な効果が水泳にあったのでご報告をします。

ぶっちゃけ

  • 健康管理
  • 体型を整える

この2つの目的で水泳を始めました。

肩こりの調子はランニングもしていて調子は良くなってました。

とは言え、さらに調子が良くなった気がしますので「健康管理」の面では大きく貢献してくれてます。

あとは夜になると自然と眠たくなるので睡眠に関しても水泳はメリットです。

いぺぺ
いぺぺ
よく眠れます。地味ですがぶっちゃけとても良いことです。

そして体形を整えると目標に関しては1ヶ月では効果が出ないのは分かってました。

なぜなら時間がかかるのは承知の上だからです。

体型や体重に関しては1ヶ月での期待は全然していないのでOK

しかし

前述したとおり「体力がパワーアップ」するのは予想外でした。

水泳でどのように体力UPを感じたのかを書いていきます。

  • 水泳でどんな体力がつくのか?
  • どれくらい体力がつくのか?
  • どんな水泳メニューで体力がついたのか?
  • 筋トレより水泳が勝っている点
いぺぺ
いぺぺ
それでは語っていきますね

水泳でどんな体力がつくのか?

体力

水泳ではどんな体力がつくと思いますか?

【答え】基礎体力

具体例を出していくと

  • 歩いても疲れなくなる
  • 階段でも平気
  • 自転車も長く漕げる
  • たくさん動ける

簡単にまとめると

生活するうえでの体力ゲージが増えた感じです。

【例え話】

ゲームで言えばパラメーターゲージの最大値が増えた感覚

ゼルダで言えばハートの数が増えた感覚です。

ハッキリ言って得です。

どうして体力パワーアップするのでしょう?

体全体を使った運動だから?

呼吸(息継ぎ)を意識した運動だから?

答えは分かりませんが心肺機能もレベルアップしているような感じもします。

この体力のパワーアップでの弊害はあります。

普段の生活の体力の使い方だと体力が余って眠れなくなります。

今は無理やりプールで泳ぐ量を増やして体力消耗して寝るようにしています。

良い事なんですが活動量を増やさないといけなくなりました

どれくらい体力がつくのか?

体力

体力のパワーアップは分かりましたがどれくらい体力が伸びたのか具体的に説明していきます。

私はジョギングを週に3回しています。

1回につき20分同じコースを走るのですが

水泳を始めてから「疲れる体感が減りました」

これはジョギングに慣れてきたわけではありません。

証明は2019年の2月から走っているのでジョギング体力はすでに整ってます。

掃除が好きで家でもよく作業をしています。

掃除できる時間も1回につき、できる量が増えました。

階段だろうが掃き掃除だろうが草むしりだろうがかなり長い時間ができるようになりました。

散歩でも効果あり

散歩もランニングと同じでコースが決まっているのですが体力の余り方が全然違いますね。

仕事でも体力の発揮は出てきます。

長時間パソコンを触っても集中力が伸びてます。

単純に体力が増えている証拠です。

せつナス
せつナス
けど仕事に関してはモチベーションという精神力が邪魔してきてやる気がありませんので体力は関係なく手が止まります。

同じパソコン作業ならこのブログ執筆では水泳での体力アップで役に立ってます。

今までは1時間くらいしか集中できませんでしたが今は1時間と30分は大丈夫になりました。

【余談】

体力=集中力のような簡単な式ではないと思いますが関連しているものはあるでしょう。

水泳ではお腹に力を入れるようにしているのと伸びることを意識しています。

そのおかげで地上でも意識するようになりパソコン作業中でも腹筋に力をいれ背筋を伸ばすという意識が芽生えてます。

そのおかげかもしれませんが水泳がなければ繋がっていない行動でしょう。

みみごころ
みみごころ
水泳最強

どんな水泳メニューで体力がついたのか?

体力

水泳で体力がつくのはわかりましたが何をしてきたのでしょう?

【答え:メニュー】

  • 1日1km泳ぐ
  • 週に5~6回

※おおよそ1時間程度

答えにあるように毎回1kmは泳いでいます。

それを週に5~6回もしています。

時間に置き換えると1回あたり1時間程度です。

水泳をしている人なら分かるけどかなりスローペースで泳いでおりかなり休憩をはさんでおります。

ゆえにぶっちゃけあんまり疲れた感覚は泳ぎ終わった後も感じません。

それでも体力は十分につきます!

いやいや1km泳ぐとか元から体力ある人やんけ!!

ってツッコミが来そうですね。

ご安心ください。

最初は泳げませんでした。

25mも無理でした。

泳げるようになる3日間は

  • おぼれ
  • 足がツリ
  • 水を飲む
  • 思いっきり疲れて
  • 1日を終える地獄

最初は泳げもしなかったのでよく水中ウォーキングに逃げてました。

けど努力努力努力で3日で泳げるようになりました。

YouTubeも見たし本もサイトも読み漁りお風呂場でも息継ぎの練習をしました。

まぁ泳ぐことなんて「息継ぎ」さえできればOKという発見もしました。

クロールの息継ぎのコツ7選【水泳で苦しいコワイを克服】

早く泳ぐ必要なし

キレイなフォーム関係なし

息継ぎしながら前に進めれば泳げるってことです。

泳げるようになると水泳が好きになります。

水の中でプカプカしているのは実に気持ちのいいことですよ。

泳げるようになるとプールが実に楽しい!ケガなし運動の水泳最強

ちなみに泳げるようになってからも200m→300mと少しずつ泳げる量が増えていった感じです。

泳げるようになった→1kmは無理です。

運動なんてマイペースでOK

決して無理してはダメです。

続けることが大切です。

筋トレより水泳が勝っている点

水泳

筋トレはみなさんなぜされるのでしょう?

ちょっと考えてみました。

  • キレイになりたい
  • かっこよくなりたい
  • 痩せたい
  • 診断に引っかかった
  • 筋力をつけたい
  • 体力をつけたい

様々でしょう。

ぶっちゃけ見た目を良くするには筋トレが最強でしょう。

理由はパーツごとにピンポイントに強化することができるからです。

腕なら腕

背中なら背中

お腹ならお腹

水泳は全体的な全身運動だから効率が悪いです。

しかし、体力をつけたいなら水泳のほうが早いような気がします。

ランニングやバイク(自転車)より、もしかしたら体力がつくかもしれません。

そこが水泳が筋トレより勝っている点です。

体力がつけば生活も向上するし

その体力を筋トレに使ってもいいかもしれません。

まぁ筋トレを否定するわけではないですが

筋トレは正直ハードな運動です。

自分に打ち勝つ精神力が求められる運動です。

まさにトレーニングです。

しかし水泳は泳げるようになるまでは苦労を伴いますが

そこから先は水中をプカプカしながらのんびり泳ぐだけです。

浮力で自分の体重も軽く感じるしケガが少ないのも気に入ってます。

泳いでいるだけで消費カロリーも地上のランニングよりも多い

全身運動なのでなんか得した気分です。

足も腕も腰も背中もお腹も鍛えられるのです。

また個人的に「汗」が不快でたまらないです。

汗をかくのが気持ちいいって感覚が分からないわけでないですが

できたら汗をかきたくないというより感じたくないです。

服もびしょびしょにならないし臭くもならないです。

水泳には水泳の悩みがあります。

着替えが面倒くさい

人に体を見られたくない

など言い出せばキリがありません。

私はランニングも水泳もしているのでそれぞれのメリットデメリットを把握しているつもりですが

どちらかしか選べないなら水泳を選択します。

それくらい水泳には魅力を感じます。

体力つけたいなら筋トレより水泳が「まとめ」

まとめ
  • 運動不足なら散歩で十分
  • キレイなカッコイイ理想の体を手に入れるなら筋トレ
  • ある程度楽しみながらケガが少ない運動なら水泳

選択肢はたくさんありますがこんな感じです。

体力をパワーアップしたいなら水泳はおすすめします。

もちろんジョギングなどでも体力はつきますよ。

おすすめが「水泳」って話でした。