やってよかった

「捨てる」ことで得られる快感ってある。

捨てる

私は捨てるという行動が好きです。

気持ちよくてスッキリするんです。

自分が断捨離とかミニマリストとかそういう性質があるのは前から気づいていました。

しかし昔は何も捨てれないし、片付け整理整頓もできないタイプでした。

掃除もしていなかったから部屋も汚かったです。

いつからか分からないけど、「捨てる系」の本を読書するようになって「捨てる」って行動が好きになっていたんです。

おおげさな表現になりますけど人生大きく変わりました。

あなたは捨てることはできますか?

捨てることで得られる人生ってありますよ。

捨てるとは何か

私は部屋も汚いし、会社のデスク周りもものだらけでした。

カバンの中から車の中までごちゃごちゃとしている状態です。

別に問題なく生活はできてましたけど

捨てる系の本を読んだら「実は問題だらけ」でした。

問題に直面しているのに全然それを問題としてわかってなかったのです。

どんな問題かというと、

  • 時間を大切にできていない
  • 運気を落としている
  • 余計なものを持つことにより集中ができていない
  • 持っているものを忘れて同じものを買う

まぁ詳しいことはそういう本で読んでもらったらいいですけど

ここでお伝えしたいことは「捨てる=シンプル」になるということです。

私は冒頭で人生が大きく変わると言いましたが

一言でいうと人生がとてもシンプルになったということです。

「欲しいか」「必要か」を自問自答する

この「欲しいか」と「必要か」には共通する行動があります。

それが「買う」「捨てる」です。

買うときも捨てるときも頭の中で「欲しいか」と「必要か」を意識してみてください。

※今回は捨てるに注視するので買うにはフォーカスしません

これを基準にすると驚くほど身の回りにあるものに要らないものがあるのを発見できると思います。

捨てらない人や片付けれない人などに共通することはいくつかあります。

  • いつか使うだろう
  • 捨てるのはもったいない
  • まだ使える

などなどたくさんあります。

以前は私もそうでしたが一度捨てることを覚えると無駄な買い物もしなくなるし物に対しても執着しなくなります。

使わないことが一番もったいないことにも気づきますし

部屋を広く使えてないことにも気づきます。

行動の第一歩として「欲しいか」と「必要か」を基準にすれば動きやすいと思います。

捨ててきたもの

捨ててきたものは小さいものから大きなものまであります。

ざっと箇条書にしてみましょう。

  • 文房具
  • カード
  • 名刺
  • ゲーム・マンガ・本などの娯楽品
  • 学生の時のノートや教科書
  • 着なくなった服や使わないカバンや靴
  • 古い書類や時代遅れの便利品
  • ほこりのかぶっているもの
  • 一つあれば十分なもの
  • 紙袋や缶やビン
  • CD・DVDのケース

文房具

ペンとかたくさんありませんか?インクがでないものとかありませんか?私はそれらを捨てました。

消しゴムも古いのは捨てました。定規も一本あればOKホッチキスも使いやすいものを一つにしました。朱肉も一つで十分です。

いらないものは捨てましょう。

お気に入りを決めレギュラーメンバーを決めましょう。

使いうときもウキウキしますよ

カード

クレジットカードにポイントカードにスタンプカードに世の中カードだらけです。

期限切れなんか絶対いりません。

自分が使うものだけ持っていればいいのです。

不必要に増やすのもよくないですね。

私は「ポイントカードお作りになりますか?」と言われても今はほとんど作らないです。

昔は大型の電気屋さんのカードをたくさん持ってましたが

現在はネット購入することが増えましたのでカードはポイントだけ使って全て処分しました。

カードはあればるほどかさ張るので捨てました。

スッキリです。

名刺

営業マンなので名刺はめちゃくちゃたまります。

新入社員のころは名刺フォルダにどんどん増えていくのがうれしいかった記憶があります。

それが何冊も増えてくると次はボックスタイプのものに切り替えて保管してました。

上司は若いころからの名刺をたくさん集めて自慢もしてきました。

私もそうでしたが名刺が増えるのは自分が仕事をしている証にもなるしどこかうれしくもあります。

ただ、正直使うケースは少ないです。

なんとなく名刺交換はするだけで「どこで誰と何をした」なんて思い出せない人の多いこと。

そんなもに実際価値はないことに気づきました。

なのでバッサリ捨てました。

現在は、携帯に電話番号も登録できますし、メールアドレスもパソコンに登録できます。

会社の名前や部署も変わるし役職もころころ変わります。

連絡を頻度に取っている人を大切にすればいいのです。

あとで使うかもしれないと思う気持ちも分かりますがだいたいそういう機会は来ないのが多いです。

ゲーム・マンガ・本などの娯楽品

趣味ですよね。

最初に言いますがコレクターの人にはわかってもらえないでしょう。

単純に単行本を集めていたり、遊び終わったゲームを保管していたりしませんか?

暇なときに実際手に触れて再度遊ぶこともあるのはわかります。

しかし、私は考え方が変わりました。

マンガはマンガ喫茶

本は良書認定したもののみ保管(それも数年読まなければ処分)

ゲームは価値が下がるまでに売り払う

まぁプレミアのものは置いておくかもしれませんが

いつでもどこでも手に入るものは本当にやりたくなったらまた購入すればいいという考えになって捨てだしました。

そうしたらかなりスッキリしますよ。

本・マンガ・ゲームって意外と場所とるんです。

逆にそれらの保管のために棚を用意すると逆にものが増えてスッキリしません。

こういうことにに気づけたら捨てるに慣れてきた証拠だと思います。

学生の時のノートや教科書

思い出詰まってますね。

読み直すとこんなこともあったと浸りますね。

けどもう使わない。役に立たない。

このことは変わらないと思います。

最初のうちはずっと置いておくかもしれませんが時が経てば要らなく感じることもあります。

その時を捨てるタイミングにすればいいかもしれません。

着なくなった服や使わないカバンや靴

捨てにくいですよね。

家で着るようにしようとかつい思っちゃう。

けどボロボロになってたりくたびれてたりするのを着るのはみっともないです。

捨てるのに抵抗があればまとめて売ればいいのではないでしょうか?

そういうサービスって結構あります。

正直あまりお小遣いにはなりませんが処分と思ってやるにはハードルは低いと思います。

古い書類や時代遅れの便利品

まぁ使うことはない!

現在は新しいものがどんどん出来上がってくる時代です。

昔はものが少なかったのでもったいない精神で修理・修繕したりしました。

しかし古い書類や時代遅れの便利品は使わない!

断言できます。

書類や郵便物や雑誌など古ければ古いほど要りません。

便利品も使って初めて価値がでます。

時代遅れの便利品なんて時代に合わないことなのですから捨てましょう。

ほこりのかぶっているもの

全然大切にできていないじゃないですかぁ‼

本当に大切で必要なものなら大事に扱いましょうよ。

ほこりをかぶっているものは捨てましょう。

一つあれば十分なもの

一部屋に時計が何個も必要ですか?

一つで大丈夫なものは二つも三つも要りません。

捨てる対象です。

紙袋や缶やビン

そこのお母さん!

あなたです。

女性に多いですね紙袋や包装紙や捨てれない人。

別にいつか使う日は来るかもしれませんが

必要以上にストックしなくてもよくないですか?

少しくらいいいと思いますが大量には要らないと思います。

CD・DVDのケース

これが意外と要らない。

売るときに高くなるからとかっていう意見が聞こえてきそうですが

捨てれない人はそもそも売らないです。

CDやDVDは何枚もまとめて保管できるケースがありますのでそちらをお勧めします。

かさ張らないし、持ち運べますし便利です。

捨てたことにより得たもの

いろんなものを捨てました。

捨てることによって得られるものはあります。

  • 頭の中がスッキリする
  • 部屋や空間が広く使える
  • 物の管理がしやすくなる
  • 同じ類のものを買わないのでお金が浮く

私が一番うれしい効果はやはりスッキリすることです。

これが何より気持ちいですね。

物が少なくても生活はできます。

むしろ快適といってもいいぐらいです。

捨てるということは雑念を捨てるにも通じているような気がします。