やってよかった

速読ではない!本を早く読み終えるたった3つの方法【遅読家必須】

本

1冊の本を読み切るのが遅くて悩んでいる方へ朗報

本を早く読み終えるたった3つの方法をお伝えします。

先に言っておきますが速読とは違います。

本を早く読み終えるたった3つの方法

  • スキマ時間をフル活用
  • 余計な行為を取り除く
  • 本をとにかく読む習慣

以上です。

速読ではない!本を早く読み終えるたった3つの方法【遅読家必須】

本

まずはなぜ読み終えるのが遅いのか問題点を見てみましょう。

この3つの理由を潰していきます。

スキマ時間をフル活

読む時間を確保できていないという問題には

読む時間を増やすということで解決していきます。

私が実践しているのはこちら

  • お風呂に浸かっている時
  • お手洗いの時
  • 湯を沸かしている時
  • 移動時間(電車・バス)
  • 歩きながらも読む

お風呂に浸かっている時

湯舟タイムの時読みます。

本はしわくちゃにはなります。

本は読んで初めて意味を成す

10~20分くらいです。

それでもページ数は進むものです。

借りものの本ではしてはいけません

お手洗いの時

少しの時間ですが読書タイムにします。

なんならトイレにはトイレに置いている本もあります。

5~10分でも読書にあてます。

湯を沸かしている時

湯を沸かしている時と書いてますが一例です。

ぼーっと待っている時間は本をパラパラしてます。

移動時間(電車・バス)

ベタですね。

ですがクセでスマホ出しませんか?

毎日通勤するなら読書時間に当てましょう。

歩きながらも読む

あまりお行儀は良くない行為です。

歩きスマホみたいなものです。

しかし、バカにならない程読めますね。

危ないのでおすすめはしないですが私はやっちゃってます。

余計な行為を取り除く

余計な時間の使い方が多いという問題については

余計な時間を取り除くという解決策を提示します

私の実践例です。

  • TVをやめる
  • 効率の悪いこまめな買い物をやめる
  • 必要以上のスマホ
  • タイマー導入にて管理

TVをやめる

禁止とは言わないですが

TVの1時間と

読書の1時間では

成長速度が違います。

意識がどこに向いているかによって行動は変わります。

効率の悪いこまめな買い物をやめる

効率よく買い物に行きましょう

時間を節約するため

必要以上に時間をかけるのは効率が悪いので避けます。

必要以上のスマホ

スマホはやりがちです。

特にダラダラSNSとかやりがちです。

自分にも言い聞かせないといけません。

意識高い人は電源切って強制OFF

タイマー導入にて管理

ずっと読書は疲れます。

集中力も保てません。

休憩するのは賛成です。

しかし時間を決めてキッチンタイマーを導入しましょう。

お知らせがないとダラダラしちゃいます。

本をとにかく読む習慣

本を読む習慣が根付いていないについての問題は

本をとにかく読む習慣をつけるのが解決策です

私の実例はこちら

  • 会社の休憩時間
  • 寝る前
  • 仕事の合間
  • 仕事をさぼっている間

会社の休憩時間

昼休みとかササっとご飯は済ませて

読書です。

寝る前

寝る前の読書はベタですね。

スマホより良いでしょう。

仕事の合間

仕事はフル活動の全力100%では動かないでしょう

ちょこっとした時間も読書にあてます。

おしゃべりより建設的です。

仕事をさぼっている間

サボり魔さんも読書しましょう。

作った時間を味方につけるのです。

集中できる環境は大事

読書をできる時間があっても集中して読めなければ

文字を追うだけになるので意味がありません。

いくら時間があっても心配事や騒音すぎると集中できません。

環境は大切です。

耳栓がおすすめです。

デジタル耳栓MM1000
買って良かったデジタル耳栓【レビュー】騒音排除で声は聞こえる!デジタル耳栓を購入して電車通勤のストレスが減りました。 理由は騒音を排除するから静かな世界にいけるからです。 とは言え ...
耳栓
集中力UPなら耳栓【やって&買って良かった】100円均一のダサ耳栓100均一で何気なく買った【耳栓】が最強! 一人作業するならこれに尽きます。 私は静かなところが好きな性格です。 鳥の...

まとめ

時間を作り読書を意識しましょうということです。

何かをやるには

今のやっている何かを減らすのが先決です。

それが嫌なら速読くらいしかないですが

速読は読書習慣がない人にはできません。

なぜなら読むことに慣れていないからです。

まずは何かを減らしましょう。

そして読書しましょう。