リスト

【保存版】香水の付ける場所21のリスト【NG行為も知ろう】

香水

香水っていい香りですよね。

つけすぎると臭いのでうっとおしいですけど。

しかし、梅雨の時期の満員電車でほのかに香れば最高です。

それだけで「好き」ってなっちゃいそう。

それくらい

「臭い・香り」っていう嗅覚には強烈なイメージを与えるものです。

とは言え

  • どこに付けたらいいのだろう?
  • どれくらいつけたらいいのだろう?
  • いつつけたらいいのだろう?

香水初心者さんは考えますね

「気にせずシュッシュッ」している人→臭すぎてうざい

【答え】適量は1回です

今回は上記のようにたんたんと答えていきたいと思います。

【香水初心者さんにおすすめの記事です】

下記の順番にお話ししていきます。

  • 香水をつける場所リスト
  • 香水をつけてはいけない場所リスト
  • どんな香水も1プッシュと覚えよう
  • つけすぎた場合は嫌われるのを覚悟セヨ
  • 香水NGなシーン(食事・冠婚葬祭・動かない場所)

香水を使い始めて10年は経っているのでお役に立つと思います。

上手に使って「いい香りの人」を目指しましょう。

ちなみにおすすめシーンは

  • デート
  • ショッピング
  • ビジネス
  • ドライブ

基本的に「ステキ」「カッコイイ」「キレイ」なシーンで使うと効果的ですよ。

香水をつける場所リスト(1か所だけにしてね)

香水

まずはリストにしてみました。

気になるところから見てください

  • 手首
  • 足首
  • クビ
  • ヒザ
  • ヒジ
  • 耳の後ろ・うなじ
  • ネクタイ
  • スーツの内側
  • カバン
  • クツ
  • ハンカチ
  • 帽子
  • ブレスレット
  • 時計
  • スマホケース
  • マフラー・スカーフ
  • 手袋
  • 玄関
  • マット
  • ドア

詳細を書いていきます。

手首

手首は基本的な場所です

シュッと一吹きして手首同士をクロスしてこすりましょう。

手を振る動作でいい香りになるのが特徴です。

手作業が多い人や相手の顔のまえに手がいく人などは「香りをまき散らす原因」になるのでNG

足首

香りは下から上にいくものです。

足首はベタですけど歩き終わった後にほのかに香るレベルなのでとってもおすすめです。

手首につけた香水を足首にも擦り付けるといい感じの香りの量になります。

クビ

クビは自分が香りたい時におすすめです。

ほんの少しにしないと「気分が悪くなるレベル」になるので注意必要です。

人と近くで話すタイプの生活パターンならおすすめできません。

ヒザ

ヒザなどの関節などの居り曲がるところはおすすめです。

ヒザならヒザ裏です

こちらも手首に吹きかけた後にこするといい感じになります。

曲げ伸ばしで良い感じに香りが広がるのがオシャレ

ヒジ

ヒジも関節ですね。

ヒジに関しても内側につけましょう

こちらは手首につけずに直接つけましょう

手首+肘にすると香りすぎてイタイ人になります

耳の後ろ・うなじ

首の後ろやうなじはド定番ですね。

クビと一緒でほんの少しでOKです。

鼻の裏側ですが結構香りはするものです。

頭部付近はほんとうに少量でOK

胸に関してはかがんだ時などにふわっと香るのがベスト

なので

  • 胸元
  • ブラジャー
  • ネックレス

などに少量つけましょう。

女性からいい香りがするときに「ステキ」って思うのはやはり胸元もしくは髪の毛ですね。

さりげない香りがポイントです。

ネクタイ

ネクタイのウラ生地に少しつけておくとマジでいい感じですよ。

上着を脱いだ時も風にのって漂ってきたレベルで香るとステキです。

とは言え食事の時に香るとNGですよ

スーツの内側

ネクタイと一緒でスーツの上着のウラ側にシュッとすつのがモテ香水の使い方です。

【おすすめ方法】

シュッと空中に一吹きしてスーツで包み込むと全体的に良い感じの仕上がりになります

カバン

香水は我が身だけでなくアイテムにも使えるのが便利ですね。

我が身に香水を使ってしまうと香りから離れませんからね。

カバンにつけると歩いたり持ち上げたりする動作で香りが広がりますのでオシャレです。

また置いておくだけでも「その人の香り」になるので印象もいいです。

クツ

クツは意外と知られていないですがおすすめです。

つける場所は靴ヒモがベストです。

間違っても「履く場所」はNG

【理由】奇妙な臭いになる

香りは下から上へ移動しますのでクツはベストですよ。

ハンカチ

ハンカチなどの小物品に少し香りがついているとステキと思いませんか?

小物なんでほんの・ほんの・ほんの少しでOKです。

芳香剤で選択しているなら臭いが混じるのでNGです

帽子

超おすすめですね。

帽子は頭皮の臭いなどで臭くなりがちなので香水でごまかしましょう。

被ったり脱いだりのときもいい香りがするのでおすすめ

とは言え

頭部付近に香水のつけすぎはNGでした。

1プッシュでも多いぐらいなので気を付けましょう。

直接衣類につけるよりもティッシュにしみこませてそれでなでて擦りつけるくらいがちょうどいいでしょう

ブレスレット

ブレスレットもアイテムですね。

見た目も香りもオシャレとかステキすぎる。

こちらも香りの量には注意が必要です。

基本アイテム系はほんの少しでOK

時計

時計はブレスレットと同じですね。

ティッシュに香水をつけてなでて香りをこすりつけましょう

スマホケース

スマホケースは意外と知られていない名スポットです。

手帳型ならなおいいですね。

開け閉めで香り

ポチポチで香り

置いてても香る

おすすめですよ。

食事の時は香水の香りは邪魔なのでしまいましょう。

マフラー・スカーフ

マフラーやスカーフに香りをつけるのはベタです。

しかし

最強かと。

ヒラヒラする系はお花の香りみたいに香ってきますから良き

もちろん少量でOk

手袋

手袋もいいですよー

手首より手袋の方が個人的におすすめしたいです。

【理由】

生身から香るよりアイテムから香る方がオシャレで気遣いができているからです。

しまえば香りは封じ込めるのでアイテム系に香水は相性がいいですよ。

手袋なんて最たるものです。

玄関

玄関に一吹き

すると空間が良い香りに支配されます。

ふわっと雰囲気が変わるるので「行ってきます」「ただいま」で気分が変わります

マット

玄関マットやキッチンマットなどに一吹きしておけば香りが沸き上がる場所になります。

固定タイプの使い方なので適宜に追い香水をしましょう

ドア

ドアにキーホルダーなどを吊るしてそのキーホルダーに香水を吹き付けておけば

ただの開け閉めが良い香りの所作になります

ドアに直接吹き付けるのはシミなどの原因になるのでNG

香水をつけてはいけない場所リスト(NGです)

香水

香水を基本的につけてはいけないNGな箇所があります。

そちらのリストも作りました。

  • 汗の多くかく場所はNG
  • 髪の毛(スプレー可)
  • 衣類(スプレー可)

間違ってもつけないようにしましょう

とは言えつけ方次第では問題ないの髪の毛や衣類もあります。

正しく扱いましょうということですね。

汗の多くかく場所はNG

汗を多くかく場所はNG

【理由】香水の香りと汗の香りが混ざってしまうからです。

本来の香水の香りが台無しになってしまいます。

具体的に体の場所を教えます。

  • 足裏

汗を大量にかくところでありデリケートなところも混ざってますね。

香水でかぶれるなんてこともあります

髪の毛(スプレー可)

髪の毛に直接香水をつけるのはNG行為

【理由】髪の毛が痛むからです。

どうしてもつけたいなら

ティッシュや手ぬぐいなどに一度香水の香りを移して

髪の毛をなでましょう。

直接つけるのはNGです。

衣類(スプレー可)

衣類に関しても直接の香水はNG

【理由】シミになる可能性が高いからです。

またアウターなどのそこまで洗濯しない衣類は色んな香水が混ざるとわけわからない香りになります。

【基本】香水は直接肌につけるものと覚えておきましょう。

どんな香水も1プッシュと覚えよう

香水

初心者の方は香水を手に入れるとテンションあがりますよね!

でも、何度もプッシュしたらダメ!

香水は1滴でも香りは十分

1プッシュでも十分です。

あまりにも大量につけるといい香りでも「害悪」になります。

キレイなお姉さんでも近づいてきて「化粧臭い」と「うっ」ってなりますよね

初心者も玄人も香水は「1プッシュ」で十分

と言うことを頭に叩き込みましょう。

手首をしたから足首もなんてのは「香りすぎて臭い人」です

ちなみに香水をつけるのに慣れてくると自分のお鼻がマヒしてきますよ

1回で十分なのに「あれ香り薄くなった?」プシュとするとやりすぎです。

気を付けましょう。

つけすぎた場合は嫌われるのを覚悟セヨ

香水

香水をつけすぎた場合は「終わり」です。

1日香りすぎて臭い人です。

とは言え対策はあります。

対策として完璧なのはお風呂ですけど香水するくらいなら

  • 化粧
  • 髪形
  • 衣服

バッチリ決めている状態ですよね。お風呂なんて今さら無理ですよね

ではあとはふき取る以外方法はないです。

はたいても、振り回しても香水は落ちませんのでその日1日覚悟セヨ

香水NGなシーン(食事・冠婚葬祭・動かない場所)

香水

香水を長年使用しているとNGシーンは分かるものです。

  • 食事シーン
  • 冠婚葬祭
  • 動かない場所

食事と香水の香りはまったく合わないです。

肌につけると自分も相手も不快な思いをします。

すなわち食事を予想できるときは肌につけるのではなく「アイテム」に香水をつけましょう。

冠婚葬祭に香りはいません。

主役はそれぞれいます

あなたじゃない。

間違っても香水はNG

そして「動かない場所」

動かない場所ってなんやねんってそこのあなた。

こういうことです。

  • ドライブ
  • 映画館
  • 鑑賞会

などなど身動きが取れないところでは不向きです。

いくらいい香りがするとは言えど「動かない場所での同じ香りをずっと嗅ぐOR嗅がせる」は控えめに言って地獄

やめましょう

初心者の香水選びなんてありません

香水

香水には種類があります。

  1. オードトワレ
  2. オードパルファルム
  3. オーデコロン

ん~ややこしい。

香りについても

  1. 柑橘系
  2. フローラル系
  3. ウッディ系
  4. オリエンタル系

ん~ややこしい。

香水を紹介しているサイトは「あぁだこうだ」書いてますがぶっちゃけ好きなのでOk

最初のうちは使い方も方法も試行錯誤しながら失敗を重ねながらするものです。

1プッシュでも加減によってムズカシイからですね。

なので種類も香りも実際に嗅いでみて決めましょう。

それでも迷えばウルトラマリン(管理人は男です)

【提案】

モテたいならその子と一緒に買いに行くのもありです。

一途に相手の要望に沿う行為はかわいいものです。

自分の好みより相手の好みの方がよくありませんか?

香水記事のまとめ

香水はかなり大人っぽいです。

とは言えヤンキー兄ちゃんとか姉ちゃんとかはいい匂いしますよね。

あれドンキホーテで買っているんですよ。たぶん。

でも大人っぽいですよね。

あんな感じの香りを纏った人になります。

(見た目は別として)

結構いい感じですよね。

やっぱり臭いよりいい香りです。

とは言えやり過ぎ注意なのでご注意ください。

【男性:必読の書】モテ方は知っておいて損なし!とは言え「行動しろ」