未分類

アコギ初心者は毎日ギターを触ればOKかと【ポイントは習慣】

アコースティックギター

アコースティックギターを買って練習を始めて約1ヶ月経ちました。

最初は指が痛くて痛くてヒーヒー言ってました

しかし

毎日アコギをほんの数分でも触れるようにしていたところ

指先もドンドン硬くなってきて今ではあんまり痛くもありません。

【悲報】アコギの指が痛い対策はありません【初心者向け】

さらにコードを抑えても最初の頃はなんか微妙な音色でしたが

今でははっきりとした音が鳴るようになりました。

完全に成長してます。

毎日毎日ほんの少ししか練習してません。

1日に1時間も練習したら多い方です。

それでも少しは成長するから楽器って楽しいです。

今回はアコギ初心者は毎日何が何でもギターに触った方がいいですよ!

と言うお話です。

ぶっちゃけ最初のやる気は徐々に下がっていきます。

しかし

毎日触ることによって「できることが増えて楽しい」がモチベーション管理になります。

せっかく色んな思いの中手に入れてやり始めた楽器なので人生を豊かにするためにも

ほんの少しでもいいので毎日触りましょう。

生活に音楽を取り入れたら人生が豊かになるみたいです。楽器始めようか検討中

毎日アコギを触った結果

アコースティックギター

アコギ初心者が毎日アコギを触るとどうなっていくかといいますと

  • 指先が痛くなくなる
  • コードを覚えてくる
  • キレイな音色が弾けるようになる
  • 楽譜の読み方などが分かってくる

色んな成長がみれますね。

しかし何より嬉しいのが「楽しい」と思えるようになってくることです。

最初のうちは只々苦痛ですよ。

指先は痛いし楽譜を読むのも分からないからイライラする

思っていた以上にアコギって難しい楽器なんだということを痛感する時期です。

アコギって敷居が高い楽器と実感【気合が要ります】

この何かをやり始める初動のときはエネルギーがめちゃくちゃ必要になってきます。

※車や自転車も「止まっている状態→動き出す」が1番力が居るのと一緒

逆に言ってしまえば動き出せば漕ぎ続けるだけでOK

なのでアコギを始めたばっかりの人はとても苦痛を味わうことになります。

ですから「何がなんでも毎日アコギに触れることをおすすめ」します。

ではどれくらい触れたいいのか次の項目で解説していきます。

毎日どれくらいの練習量をしているのか?

アコースティックギター

毎日アコギに触れると言ってもどれくらい触れればいいのでしょうか?

答えは「毎日1分でもOK」

え!?1分!?うまくならなくない?

と感じると思います。

ところがどっこいです。

1分でもギターを抱えて鳴らし始めると初心者のうちはドンドン成長するものです。

こういう気づきが私には実際ありました。

  • ギターを抱えるまでに持つにはどこを持てばいいのか分かるようになる。
  • ギターの重さに慣れてくる
  • 抱え方が様になってくる
  • 床に座りながらや椅子に座りながらどっちかが楽か分かる
  • 弦を弾くためらいがなくなってくる(最初は音をきにする)
  • ピックの持ち方が意識せずに分かってくる
  • コードの形が頭にスッと入ってくる
  • 自然に指がそのかたちを覚える
  • 楽譜もものすごく読むスピードがあがる(同じものです)
  • 弾き方で音量の大小を覚える

などなど本当に細かいところです。

特別ギター弾きの能力が大幅にアップするというよりは

ギターをするぞ!って気持ちになれてくるってことです。

緊張状態が解けてきたと言った方が伝わるかもしれません。

ここがポイントなんですよね。

ギターへの抵抗感をなくすというところです。

ゆえに毎日ギターに触って早く慣れましょうということです。

それには環境作りも大事ですよ。

  • ギターにすぐ触れるように目に見えるよにしておく
  • 時間帯を決めて「やる!」ということを決めておく
  • できなくても夜寝る前に「ポロン」と1回でもかき鳴らす。
  • イスを準備しておく

などなど意識より環境を整えたほうがいいです。

今後の目標を決める

アコースティックギター

最初のうちはギターに触れるというだけでも成長できます。

けどある程度慣れてきたら目標を作りましょう。

  • 弾きたい曲
  • 音楽のジャンル(J-POP・ジャズ・ブルース)
  • ドレミファソラシドをマスター
  • フィンガーソング
  • パロディ曲(CMなど)

この目標設定についてはお好きなのをどうぞ。

そういうのが無いならオススメ

  • ドレミファソラシド
  • パロディ曲(CMなど)

理由はとても簡単です。

※とは言え最初の頃は難しいですよ

そして

時間もそんなに掛からないうえに「基礎練習に持ってこい」だからです。

日々楽しみながら鍛錬しましょう

アコースティックギター

毎日触るのはカッコよく言えば「継続・習慣」です。

しかし

音楽は読んで字のごとく「音を楽しむ」ものです。

いやになったらその日はやめてOKです。

ハッキリ言っていやいや続けるものではないです。

楽しいから続くものです。

アコギは指は痛いし握力も必要です。

結構「気合のいる楽器」かなと個人的に思ってます。

おれでもやっぱり楽しいので続けてしまうっていうマインドが非常に大事なのかと。

私も今後毎日触って上達していきたいと思います。