未分類

セームタオルは買って良くなかった【理由→気持ち悪すぎる】

セームタオル

セームタオルって知ってますか?

吸水性がものすごいタオルです。

そのすごさはめちゃくちゃすごくてどこでも使用されます

  • キャンプ
  • 水泳
  • お風呂場
  • スポーツ
  • 庭仕事

活用範囲はかなり多くをカバーします。

さらに吸水した水はギュッとしぼれば吸水力が復活する優れものです。

また、乾燥時はかなりコンパクトになるのでカバンの中でも邪魔になりません。

はい!

褒めるのはここまで!

完全に要らないものでした。

理由は濡れた後の使用感が最強クラスで気持ち悪い!

深堀して理由を説明していきます。

購入検討されている方は読んでいってください。

使用者の感想です。

絶対買うな!

セームタオルの吸水性能は認めるが不快すぎる件

セームタオル

セームタオルの吸水性能はマジですごいですよ。

あっという間に体の水分を拭き去ってくれます

さらに絞れば乾燥こそしませんが吸水性能は復活します。

しかし、

水分を吸水した後のセームタオルはマジで気持ち悪い感触になります。

【例】ヌルヌルで肉厚なトリ皮のような触り心地になります。

もちろん油分は含まれてませんのでヌルヌルが体に移ることはないです。

けど手に取った感触

それを肌にあてた感触は最大級の気持ち悪さです。

体の水分を拭きとる時が独特

セームタオル

セームタオルで体の水分をふき取る時がかなり独特な感触です。

と言うのも水分を吸水しやすい特徴の為

体にひっかかる感がものすごい

タオルならそのまま滑らすように使えますがセームタオルは無理

特にすね毛のところは無理!

セームタオルはコンパクトサイズなので背中が拭けない

セームタオル

セームタオルはコンパクトなサイズが多いです。

それゆえタオルみたいに端と端を持って背中を拭くというあの動作ができません。

ゆえに背中が拭けません。

もちろん体が硬い人の話ですが

それでもやっぱりしっかり拭きたくないですか?

吸水性が強くても拭けないと意味なし!

セームタオルで頭を拭いたらやっぱり引っかかる

セームタオル

全身が濡れている時どこから拭きますか?

私は水分量の1番多い頭(髪の毛)から拭きます。

セームタオルで拭くとタオルのようにゴシゴシできません。

さらに引っかかります。

ゴム手袋で髪の毛をサワサワされるイメージ

最悪!

また最悪は続きます。

頭を拭いたセームタオルで体をふくと抜けた髪の毛が体にめちゃくちゃつきます。

言うことなしで相性が悪いね

セームタオルを使うようになった理由は水泳

メガネ

プールジムに通うようになってからセームタオルを使ってみました。

とは言えプールの後にはスパ(風呂)があるのでお風呂上がりで使ってました。

全身ビショビショの体の水分を根こそぎ持って行ってくれるので

「これはすげぇ」って思いましたが使っていくうちに上記のような感想を抱きました。

  • ぬめり
  • 不快感
  • 小ささ
  • 最初の乾燥での体への引っかかり
  • 髪の毛が体につく

もう使いません。

とは言え、水泳で休憩するために「水分での低温を避けるため」にふき取るのはありかと。

いやそういうときはバスタオルでOk

拭けるし毛布代わりになる

ではキャンプなどではどうでしょう?

ん?タオルでよくない?

タオルでOkでした。

バスタオルは死んだ。お風呂上りはタオル1枚で十分

タオルを持って行って良かったシーン7つ【まとめ】

わざわざ吸水性そこまでいることある?

しかも

タオルなら使い込めばそのあと雑巾に進化するし最強ですよ

セームタオルはいりません。

吸水性が良くても不快です。

捨てた

どうしても気になる方は下記よりどうぞ購入して後悔してください

 

そのお金でタオル数枚買った方が賢いですよ。