未分類

バイクが楽しい理由を4つで解説!なんで危険承知で乗るのか分かった

モトブログ

VTR250を乗り始めてバイクライフがものすごく好きになった。

バイクを乗り始めたのは16歳からだったので最近になって

バイクを知ったわけではありません。

最初は50ccのTODAYというスクーターを買いました。

タノシンスはかせ
タノシンスはかせ
モーニング娘がCMしてたやつだよ

手に入れた時は興奮して楽しくってずっと乗ってました。

なのでバイクの楽しさは若いころから知っていたことになります。

移動手段はいつもTODAYでしたが他にも持っていたバイクはあります。

KawasakiのSKR-Ⅱという80㏄の2stのバイクです。

ものすごく早かったです。

背中にオイルが飛び散るので手放しました。

他にはHondaのリード110という原付二種のスクーターです。

こちらは便利そうと思い購入。

現在も簡単な移動や買い物では乗っています。

積載力も抜群で最高です。

話はそれてしまいました。すみません!

バイクは安全な乗り物ではないのはご存知ですよね。

それは承知の上で乗っているのです。

よくなんでこんな危ない乗り物を乗っているんだろうって思うのですが

一度じっくりと考えてみました。

結論から言うと4つ思い浮かびましたので

深堀していきます。

いぺぺ
いぺぺ
共感していただけると嬉しいな。

バイクが楽しい理由を4つで解説!なんで危険承知で乗るのか分かった

VTR250VTR250ちゃん

 

私が乗っているVTR250ちゃんです。

2018年の5月に買いました。

この子に出会ってから趣味の1つにバイクが加わりました。

本当に買って良かったです

【インプレ】VTR250を乗っている私がわかりやすく魅力を伝える

バイク乗りは「ノート」で管理したほうがいい1つの理由

バイクが楽しい4つの理由

バイクは楽しいですよね。

危ない乗り物って分かっているのになんで乗るのでしょう。

シンプルな答えで言うと「楽しい」の一言に尽きますよね。

けど、何が楽しいの?友達とか恋人とか家族に突っ込まれません?

結構困りません?この手の質問。

私の答えを4つ書いておきますのでよければ参考にしてください。

バイクが楽しい理由「4つ」
  • コントロール(支配)
  • ツーリング(気分転換)
  • カスタム(思考の具現化)
  • カッコイイ(理想)

それでは1つずつ説明していきます。

コントロール(支配)

バイクが楽しい理由の(個人的に)70%がコントロールが楽しいということです。

コントール=支配

人間は自分の想い通りになるのがすごく気持ちいい性質を持っています。

例①

上司は部下を指示した通りに動かしたい

例②

優位な位置に立ちたい

例③

ゲームなどで操作がうまいこといくと嬉しい

バイクには支配欲を満足させるものがたっぷり詰まっています。

しかも、バイクは人間では出せない力を秘めています。

それを操ることが実に楽しい

けど安定した乗り物ではなく2輪なのでコケます。

その不安定なものをコントロールして走るライダーは

「俺カッケぇぇぇえええ」状態になっています。

尽きることのないクネクネした山道を打破していくのも気持ちいい

爽快なスピードを手足で微妙なコントロールで操作するのも楽しい。

いぺぺ
いぺぺ
分かる分かる!実際私がソレ!

たぶん欲求として「支配欲の刺激」がバイクにはちょうどいいバランスであるんでしょう。

ムズカシイものほどコントロールできたら気持ちよくなるし楽しいです。

しかもそれがバイクは程よいのです。

免許という面倒くさいけど頑張れば超えれる壁をクリアしてGETしたアイテム

車よりビュンと走れる勝ち誇った気持ちになれる爽快感

不安定な乗り物をクネクネ曲がった時のあの達成感

少し頑張れば手に入る高価な車体(バイクは高価な趣味です)

そのバイクを所有するという支配感も気分いいですね。

自分だけのマイバイクってのも心躍るポイントです。

所有から操作に至るまでの支配感がたまらなく楽しいのです。

ツーリング(気分転換)

日頃のストレスが発散できるのがツーリングです。

最高ですよね!

山でも川でも良し!

美味しいものをや温泉でもよし!

ただなんとなく走るのもよし!

よくある話ですが30㎞先の缶コーヒーを飲みに行ったってのもライダーあるあるです。

気分転換に持って来いなのがツーリングです。

やっぱりはバイクは乗ってなんぼです。

フラっといけるのがバイクの良いところです。

私はそんなことができるバイクに出会って本当によかったです。

いつも家ではゲーム・マンガ・将棋・読書など根暗人生ですが

バイクに乗り始めて人間としての幅が広がったと思います。

バイク友達もできるし、温泉巡りやおいしいもの巡りもできます。

素敵な景色をみるのも楽しい。

山や川や海に行くことも増えた。

行動範囲もぐんと広がりました。

ツーリングはバイクライフの大きな楽しい一つです。

ツーリングから広がるものが必ずある。

広がるものが楽しいのです。

カスタム(思考の具現化)

カスタムというと派手な改造をイメージしますか?

それも1つですが、

私が言うカスタムは簡単なことで理解してください

簡単なカスタムの例
  • 新しいグローブ
  • スマホホルダー取り付け
  • Googleマップで目的地を調べる
  • ヘルメットを変える

などなどです。

何が言いたいかとまとめますと…

カスタム=思考の具現化

自分の考えていること具現化できたときって楽しくないですか?

このルートを使ってあそこの美味しいものを食べに行こう

とか

このグローブとあのアウターが合うんじゃないだろうか?

などです。

自分の思考(考え・アイデア)を具現化(現実にする)のは楽しいことです。

もちろんガチガチにハンドル・ホイールを交換するのも「カッコイイ」っと思ってやるので楽しいです。

「速さ」を求めるカスタムも楽しいでしょう。

「ファッション」もありです。

カスタムして思考の具現化はバイクには相性のいい「遊び」です。

遊ぶのは楽しいですからカスタムは楽しい。

ゆえにバイクは楽しいに繋がるのです。

私はガチガチに改造するタイプではないですが

ヘルメットを交換したり、ルートを決めてツーリングに行ったりするのが好みです。

ライダーと言ってもひとそれぞれですが

「思考の具現化」を楽しんでいる点では「一緒」です

カッコイイ(理想)

バイク乗りはカッコイイと思われたい説

いや実際カッコいいでしょう!

もちろん中年体系のおじさんライダーはいます。

けどバイクはカッコイイです。

それに乗ってたら「勘違い」しますよ!

NA・MA・KE
NA・MA・KE
バイク乗りがカッコいいんじゃなくてバイクがカッコイイって皮肉ですがまぁ事実としてあるのは

認めます。

また、あんな早く走るバイクをコントロールしている俺かっけぇぇえええ!ってのも分かります。

何が言いたいかとまとめますと・・・

理想を手に入れている(つもり)なんです。

カッコいいと「思っている」OR「思われていると感じている」

ようは酔っているんです。バイクの力を使って自分に!

うん!理想なんですよね。

ダサいよりカッコイイって思われたいじゃないですか。

誰だってねぇ

そういう酔える物がバイクです。

お手軽な麻酔みたいなものですよ実際。

いぺぺ
いぺぺ
けど分かるんだな。

身なりちゃんとしてフルフェイス(スモーク)でキメていたらカッコよくは写る!

(中身は知りません。顔面は知りません。性格は知りません。)

もちろん調子に乗っている奴は大嫌いですよ。

「俺のテクニックどう?カッコいいやろう?」みたいな

自分からアピってくるやつはキショイです。

けど遠目からみて清く正しく礼儀よくしているライダーさんはカッコいいです。

いぺぺ
いぺぺ
そういうものにワタシはなりたい。

と、言うことで

理想の自分=カッコイイって思うのは非常に楽しい。

バイクをそのツールに使うのは個人的にはありだと思います。

こわ井さん
こわ井さん
調子にのるのはNGだよ

まとめ

どうでしょう?

個人的には「支配」が一番人間の本質を捉えており

それがバイクに当てはまりやすいので

一番しっくりくるアンサーなのですが

みなさんはどうでした?

ご意見お聞かせください。

Twitterやっているので連絡ください。

いぺぺのTwitter

バイク専用装備をせずにあえて走った結果:ただただ不安で怖いだけ