買ってよかった

バイクのハンドルカバー買って良かった【冬装備の必須品】

バイクのハンドルカバーを買いました。

理由は【手が冷たい】

いぺぺ
いぺぺ
冬はダメだー。めっちゃ寒い

ぶっちゃけおじさん使用になります。

すなわちめっちゃダサイ。

想像していたよりダサイ。

でも

想像していたよりも買って良かった!

だからレビューします。


 

バイクのハンドルカバーはダサイ

冬のバイクにハンドルカバーは最強です。

でも、

最強にダサイです。

写真で見てください

なんか雪のモンスターのお手てみたいです。

まぁおじさん使用のバイクになります。

私は普段乗りの原付二種(リード110)に取り付けてます。

でも、遠出するときはVTR250にも取り付けてます。

※すみませんそちらの写真はありません。

ぶっちゃけ想像以上にダサイです。

かなしきスノーマン
かなしきスノーマン
カッコ悪い

バイクのハンドルカバーはダサいけど最強の防風

ハンドルカバーは最強の防風です。

防風ていうと風が吹いているのから守れている感じに聞こえます。

でもそうじゃない。

バイクで速度を出した時に手にあたる風のこと。

気温が低ければ低いほどその「風」は大きくなりダメージは大きくなる。

冬の冷気は鬼のように攻めてくる。

そんな冷気から守ってくれるのがハンドルカバー

最強です。

ハンドルカバーのメリット

ハンドルカバーのメリットは大きい

  • 寒さから守ってくれる
  • 雨から守ってくれる
  • 手袋不要になる。

寒さから守ってくれる

防寒は最強です。

これさえ装着すれば冬用のバイクグローブより暖かい

しかも素手でもOK

裏技としてカイロをハンドルカバーに入れておくとコタツみたいになります。

ポッカポカになりますので長距離通勤には最高です。

ヒートグリップでもいいでしょうね。

雨から守ってくれる

ハンドルカバーは防寒性能も高いです。

でも雨からの防御力も大したものです。

もちろん雪もOK。

ハンドルカバー=手のカッパみたいなものです。

手袋不要になる。

素手でOKってのも大きなメリットかもしれません。

ぶっちゃけ事故したときはグローブしていたほうがいいかもしれません。

でも、もともと素手派の人はいいかもしれません。

ブレーキが金属なのでヒヤっとします。

それはデメリットかもしれません。

でも、ビニールテープや包帯を巻いておけば少しはマシですよ

ブレーキにハメるスポンジなんかも売ってますよー

スクータータイプとネイキッドタイプのハンドルカバーはダサさ度

スクーターにハンドルカバーはダサいです。

でもある意味似合います。

だからダサさ度80点です。

おじさん仕様です。

ネイキッドに取り付けるハンドルカバーはダサカッコイイです。

ダサさ度60点ぐらいです。

ハンドルカバーで世界は変わる。

ハンドルカバーはダサいです。

でも装着すると世界が変わります。

これだけは言える。

見栄より実利タイプなら実行せよ。