買ってよかった

バイクの原付二種が最強な5つの理由【原付から乗り換えましょう】

リード110

高校生の時に原付の免許をとりました。

アルバイトで一生懸命お金をためてHONDAのTODAYを買いました。

バンバン乗っており感動しました。

しかし乗り続けることにより原付の不便さを感じましたね。

原付の不便な所
  1. 速度制限「時速30kmまで」
  2. 2段階右折が必要
  3. 左車線のみ走らさせれられる
  4. 2人のり禁止
  5. 煽られる
  6. 速度が遅いので周りの車両に抜かされるのが怖い

原付あるあるでしょう。

中型免許は持っていましたので社会人になってから原付二種を購入しました。

HONDAのリード110です。

控えめに言って世界が開かれました

マジで買って良かったものです。

今回の記事は原付二種が最強かなと思ってるので記事にまとめておきます。

最強のと思う5つの理由をまとめておきますのでご参考までにどうぞ。

はっきり言って原付(50cc)に乗っているなら乗り換えたほうがいいですよ。

免許(小型二輪限定免許・中型免許・大型免許)がいるので条件は揃えましょう

※最低条件

原付二種が最強な5つの理由を説明

癒される

原付二種のバイクが最強かなと。

理由は5つあります。

【原付二種のバイクが最強な5つの理由】

  1. コスパ(維持費)が安い
  2. 燃費がものすごく優秀
  3. 制限がない(速度・2段階右折・車線自由・2人乗りOK→バイクによる)
  4. 取り回しが楽
  5. ショッピング・移動(通勤・通学)ツーリングが最高

単純に原付の上位互換です。

完全なるパワーアップバイクです。

さらに正直原付二種以上のバイクは趣味が進化した娯楽です

日本では原付二種が最強です。

それでは解説していきます。

コスパ(維持費)が安い

夜のバイク

バイクのコスパってなんでしょう?

【バイクのコスパまとめ】

  • 税金
  • 保険代(自賠責・任意保険)
  • メンテナンス代(パーツ・エンジンオイル)
  • ガソリン代

全てが安いです。

任保険もファミリー特約保険で入会するとめちゃくちゃ安いです。

メンテナンス代もパーツが普及されているので安い

エンジンオイルも多く必要としないのでやすく抑えることができます。

税金は小型二種扱いなので250ccなどと比べると段違いで安いのが良いですね。

細かいことははっきり覚えてませんが

トータル的に見ても維持費が安いってのは間違いないです!!

燃費がものすごく優秀

原付二種の代名詞と言えばスーパーカブ110とかじゃないでしょうか?

他にもスクータータイプのリードやジョグもある

さらにセカンドバイクに選ばれがちなKSRやグロムやゴリラなどもあります。

はい。

どれも燃費が化物クラスで優秀です。

私のHONDAのリード110はリッター35kmは走りますよ。

大阪の市街地で走って35km/ℓあるならツーリングやのんびりポタリングのような速度なら40km/ℓくらいはいきそうですね。

車両にもよりますが燃費が良いのは間違いない!

制限がない(速度・2段階右折・車線自由・2人乗り)

こどおじ

原付50ccから原付二種に乗り換えた人なら分かると思います。

  • 速度制限からの解放
  • 2段階右折をしなくてよい
  • 左車線縛りなし
  • 2人のり可能(バイクによる)

色んなことからの解放はストレスからの解放にも繋がります。

【速度制限】

時速30kmってびっくりするほど遅いです。

そりゃ自転車→原付に乗った人からしたら目からうろこレベルですが

ある程度クルマ社会に慣れてくると時速30kmはめちゃくちゃ遅い

さらに危ないです。

車を走行する人なら分かると思いますが遅い原付って危ないんですよね。

やっぱりある程度「車の流れ」に合さないと逆に危険なんです。

とは言え速度超過で捕まるのもアホらしいので葛藤ポイント

そこで原付二種の活躍です。

速度は時速60kmまで出してもいいしある程度クルマの世界でもリードができます。

メリハリのある運転ができるので速度制限解放はある意味安全でもあります。

【2段階右折】

やってましたよー

時間が食ってしまうし妙に恥ずかしい2段階右折

クルマ運転している人で2段階右折を知らない人は居ないと思いますが

たまに分かっていないアホドライバーが「え?」みたいな状況になってクラクションを鳴らしてくる奴もいるんですよね

2段階右折は原付の時はやりますが無駄に危険を感じるときもしばしばあります。

その2段階右折からの解放はスムーズに運転できるのでノーストレス

最初は緊張しますが慣れたら原付(50cc)には戻れなくなります

【左車線しばりなし】

車線が自由に選べるっと「追い抜き」もできるんです。

もちろん右折もOK

左側ってアスファルトが変形してボコボコしている時もありますが

開けて通ることもできる。

※むしろ原付はそこでも走らないといけないので逆に危険と思っている

車線からの解放もすばらしいです。

やっとクルマ社会から1人前と認められた気にもなります。

(後述しますが走ってはいけない道がある)

【2人が可能→バイクによる】

※2人乗りができるバイクとそうじゃないバイクがありますので注意

原付は絶対に2人乗りしてはいけません。

速攻逮捕されます。

でも原付二種は待望の2人乗りができます

(免許取得後1年経過は必須)

タンデム(2人乗り)って憧れません?

運転技術は求められますけど楽しいです。

  • 駅まで送る
  • ドライブ
  • 買い物

車でもできますがバイクの利便性が勝つケースは案外あるものです。

原付二種からできる2人乗りですが便利で楽しいのでよくします。

取り回しが楽

アコギ

取り回しが楽っていうのは大きな車体と比べたら楽という意味です。

原付(50cc)と比べたら負けます

と上記で書きましたが手でも押せるしまだまだコンパクトな車体です。

坂道でも押せますよ。

また道に迷った時や駐車場でのUターンなども小回りが利くのは本当楽。

原付二種レベルであれば取り回しは十分に楽なバイクです。

250ccも載っているのですがやっぱり全然違います。

とは言え

原付(50cc)>原付二種>250cc

上記が取り回しのやりやすさは言うまでもなし。

ショッピング・移動(通勤・通学)ツーリングが最高

ジム

何をするにも原付の上位互換ですが

やはり移動能力は原付二種の醍醐味

  • ショッピング・買い物
  • 移動(通勤・通学)
  • ツーリング

なんでもこなしますよ。

私は通勤やジム通いにも使いますし

なんとなくの気分で夜の街中をプラプラ走ったりしてラーメンを食べに行ったりもします。

さらにツーリングで原付二種を選ぶこともあります。

※友達と原付二種ツーリングです。

そんなこともこんなこともお構いなしで対応してくれる原付二種はやっぱり最強

余談

子どもを乗せるのもありっちゃありですが個人的に反対です。

バイクの事故は悲惨な結果を迎えやすい乗り物です。

車があるならわざわざバイクに乗せるのは違うかなと。

交通事故はいくら気を付けていても「もらう」可能性は防げません。

※もちろん歩いていても自転車でも

車ならある程度の防御力がありますのでバイクを選択するのはちょっと違うかなと

原付二種は本体価格が安いのも大きな魅力です。

原付二種の価格は原付(50cc)に+10万円くらいです。

あくまで目安です

本体価格が安いのも魅力です。

250ccのものだと状態が悪くても30万円くらいは必要です。

中古の原付二種は10万円代でも購入できますよ。

ある程度目利きは必要ですけどね。

とは言え原付二種はみんな売らないのかしりませんがなかなか個数が少ないのが現状です。

原付売って新車で購入したほうが良いんじゃないでしょうか?

ハッキリ言って趣味バイクにはなりにくいので1回買えばずっと乗り続けることになると思いますよ。

セカンドバイクならまだしもバイクを生活の足と使うなら原付二種は新車購入がおすすめです。

他のバイク記事はこちらからどうぞ