買ってよかった

水泳で耳栓をする理由は2点【予防と集中】個人スイマーにはおすすめ

水泳

プールジムに通いだしてから泳げるようになりました。

体調は良くなるし、水の中は気持ちが良いし、泳ぐのが楽しいです。

泳げるようになるとプールが実に楽しい!ケガなし運動の水泳最強

とても良いことなのですが細かい悩みがあります。

【悩み】耳に水が入ってくる。

学生の時からの水泳授業では経験したことないレベル耳に入水!

泳ぎ方が悪いのかどうかわかりません。原因不明。

特にクロールの息継ぎの時が耳に水が浸入するタイミングですね。

泳げるようになるとプールが実に楽しい!ケガなし運動の水泳最強

原因は不明でも対策は可能です。

ずばり【耳栓をする】です。

耳栓をすることによって経験的に分かったことは2つあります。

耳栓の効果
  1. 耳に水が入ってこない
  2. 集中できる

1つ目の「耳に水が入ってこない」ってのは予想済みでした。

実際効果は抜群で小さな悩みは解消しました

2つ目の「集中できる」については雑音が消えるので得られた効果です。

個人的にはすごく嬉しい効果です。

NA・MA・KE
NA・MA・KE
プールでも集中力があがる

今回は水泳時に耳栓をすることによって得られる効果を深堀してお話していきます。

  • 耳に水が入ってお困りの方
  • 耳栓の効果をしりたい方
  • どんなタイプの耳栓を選べばいいか知りたい方

などを対象に分かりやすく書いていきますのでご参照ください。

水泳の時に耳栓をする2つの理由

水泳

おさらいになりますが水泳時に耳栓をする2つの理由は下記です。

  • 耳に水が入ってこない
  • 集中できる

簡単に言うと

  1. 予防
  2. 集中

です。

予防(耳に水が入ると不快だけでなく病気につながる為)

水泳

耳の中に水が入るとただただ不快です。

【マジ話】首を傾けてトントンと頭を叩きながら片足で跳ねないといけません。

正直たくさん連続で泳ぎ続けるスイマーには不快指数100%です。

100歩譲って不快だけなら我慢もできますが調べると「病気にもなる」ようです。

病気=外耳炎(がいじえん)

別名=スイマーズイヤー

原因は耳の中が水の細菌で炎症を起こし「かゆみ・痛み」など発症するようです。

まぁそうですよね。

耳に水が入りっぱなしじゃ体に良くないのは素人でも想像できます。

そこで予防として耳栓を装着することです。

集中(雑音排除)

水泳

耳栓は個人的に大好きです。

理由はやはり「集中」ができるからです。

耳栓は地上でも効果を発揮しますが水中でも効果は発揮することは盲点でした。

水中ではより水の音「ぶくぶく」って音が頭に響くので神秘度が増します。

そして、壁際で休憩している時も

  • 周りのおしゃべりの声
  • スクール中の子どもや指導者の声
  • ばしゃばしゃと鳴る水の音
  • 空調などの機械音

それらのも音を軽減してくれるので集中できます。

素晴らしい効果です。

プールの難点は地上の運動と違いお気に入りの音楽やラジオを

聞きながらできません。

なのでプールで「耳の集中」は耳栓しかないでしょうね。

とは言え個人スイマーにしかおすすめできません。

理由はコミュニケーションの遮断に繋がるからです。

けど気にするほどではないですよ。

「お先にどうぞ」って合図は身振り手振りやアイコンタクトでOK

挨拶も会釈と笑顔で問題なしです。

友達と来たり、スクールを習うときなどはさすがに頂けないと思いますが

泳いで帰るだけなら気にする必要はありません。

全く聞こえないという訳でもありませんので大丈夫です。

ちなみに耳栓記事を書いているのでよければどうぞ

集中力UPなら耳栓【やって&買って良かった】100円均一のダサ耳栓

また、アイコンタクトも近眼の人では不可能です。

度付きゴーグルで解決できましたのでそちらの記事もどうぞ。

度付きの水泳ゴーグルで世界が変わった。近眼スイマーは必須アイテム

水泳時の耳栓のタイプは1択でOK

水泳

耳栓と言っても大量に種類があります。

材質だけでも

  • スポンジ
  • 発砲ウレタン
  • シリコン

などあります。

基本的にはシリコンでOK

そして形状は左右単体のタイプじゃなくて

左右が繋がっているものがベストです。

すなわちこういうタイプです。

シリコンタイプにする理由は【水に強い】

左右が繋がっているタイプにするのは【紛失防止】

シリコンタイプの水の強さは半端ないです。

形状も変わらないですし濡れた後もタオルでさっと拭けばお手入れも簡単で便利なのでおすすめです。

左右が繋がっているタイプであれば形状はヒモのようになっているので

ゴーグルに結べば最悪泳いでいる時に落とすことはありません。

単体タイプは水底によく落ちています。

【余談】

プールでの落し物は返ってこないと思った方がいいですよ。

それは時計にしろアクセサリーにしろロッカーキーにしろ探し出すのは正直大変だからです。

みなさん泳いだり歩いたりスクールしたりしてますし何より広すぎる。

そんな状況で探す作業も一苦労です。

注意が必要です。

以上のことからおすすめの耳栓は「シリコン製・左右繋がっているタイプ」であることをおすすめします。

ちなみに私は100円均一で購入しましたが問題なく使えてます。

大きめのダイソーの店舗でみつけました。

逆にホームセンターには売ってなかったです。

水泳シーズンの夏に購入したので季節商品かもしれないので

確実に売っているわけではないので注意してくださいね。

耳栓で水予防はしているけど綿棒でもケアしている話

水泳

余談になりますが耳栓をして水の侵入を防いでも多少は水気は入ると思います。

これはシャワーでもお風呂でも一緒でしょう。

綿棒で水分をふき取る程度でお手入れをしています。

あまり気持ちいいからと言って必要以上にやると逆効果になり炎症などに繋がるので注意が必要です。

軽くサッサッと拭いてあげるレベルでいいです。

ちなみに綿棒も100円均一でOK。